2024-01-01から1年間の記事一覧

【間違ったプライドは今すぐ捨てろ!】それは君にとって有害だから

プライド。 日本語にすると、さしずめ「誇り」や「自尊心」といったところだろうか。 誰もが持っているものだろうし、 真っ当な人生を歩んでいくためには必要なものだと思う。 しかし、時にこの「プライド」が自分の成長を妨げてしまうこともある。 「プライ…

【成績に直結?!】ノートの使い方

ノートに問題を解くときは、 問題のページ数や問題番号を必ず書くようにしよう。 問題番号は、小問番号だけではなく、大問の番号も忘れずに。 できれば、その日の日付も書いておくと、なお良し。 あと、ノートは前から順番に使う。 教科は、1つの教科につき…

【春アカルール】答えの直接書き込みは禁止!

春日部アカデミーでは、一部の例外を除き、 テキストや問題集への答えの書き込みは一切禁止である。 もちろん、プリント教材でも同じこと。 解答に至るまでの色々なメモ、たとえば途中計算とか、そういうのはバンバン書き込んでいいけど、 最後の答えはノー…

【解き直したら解けた】ならば、やるべきことはたった1つだ

テストが返ってくる。ミスした問題をもう一度解き直してみる。 すると、「あれ?フツーに解けるじゃん!?」。 ・・・こういう経験、 したこともある人もきっといるんじゃないかと思う。 これは何を意味してるかというと、 「理解」はちゃんと出来ている と…

【知れば役立つ】「to不定詞」の基本イメージ

昨日は高校生の授業があり、to不定詞の単元まで進んでる子がいたから、 その「基本イメージ」の話をした。 こんな感じだ(↓) 言葉で説明すると、 動作や状態を表してる文字情報(ここでは「寿司を食べる」)を指で差してる、という感じ。 この「指で差す」…

【「時間」が必要な理由】時間をかけて練習して、初めて「成果」につながる

タイトル:【「時間」が必要な理由】時間をかけて練習して、初めて「成果」につながる 高校生までの勉強は、「理解」の次に「習得」のプロセスが絶対に必要だ。 つまり、「そうか!わかった!」で終わりにしてしまうのではなく、 それを練習によって頭と体に…

【費用の未払い】それ、子を持つ親としてどうなの?

本当に腹立たしい。 先日行われた英検の費用を、まだ払っていないどころか、 連絡もよこさない親がいる。 春日部アカデミーの塾生ではなく、外部生の方だから、 本人にも親にも会ったことがない。 事の発端は、当日の無断欠席。 当然、こちらからは電話とメ…

【日常が戻るが】時間は徐々に加速度をつけていく

先週は保護者面談が目白押しだったが、 それも一段落して、今週からはまたいつもと同じようなペースの日常に戻る。 まずは、高校生の中間テストのフィードバックが溜まってしまってるので、 そこから着手しなくてはならない。 本来、「鉄は熱いうちに」打た…

【「確認」の習慣を】思い込みは危険

色々なことに言えると思うんだけど、 思い込みは危険。 もちろん、勉強にも言える。 たとえば、 ・理解できたからきっと問題も解けるだろう、という、思い込み。 ・一度覚えたからもう大丈夫だろう、という、思い込み。 ・昔から計算は得意だからちょっと複…

【勉強を楽しむ究極的な方法】「ガチで真剣に」やる

少し前にも同じような内容をこのブログに書いたけど、 とても重要なことだし、 まだまだ全然浸透してないような気がするので、 もう一度書こう。 真剣にやらないと勉強は楽しくならない。ただダラダラとテキトーに、作業的にやる勉強なんて、これっぽっちも…

【その原石を磨け!】宝石人生か、石ころ人生か

ちょっと歯が浮くような言い方になってしまうけど、 子供たちってやっぱり原石のカタマリだよな、って思う。 まだ顕在化してない能力を隠し持ってるなって、 テストの答案用紙とかを見ると、本当にそう感じることが多い。 自分たちの仕事は、その原石を磨い…

【やれば出来る!】まず「やろう」。そして・・、

「やれば出来る」 昔から何度も耳にする言葉だが、この世のほとんどのことに関して、それは真実だと思う。 特に勉強に関しては、誰にとっても例外なく、「100%」だと断言できる。 特別な能力は必要ないんだから、当然だ。 でもね、この言葉をよ~く見てほし…

【中3内容、終了!】最後は「仮定法」で締めくくり

昨日の中3ステラは、「仮定法」の導入授業。 これをもって、中3の内容、じゃなくて、中学の内容が全て終了した。 案の定、中3ステラの子たちは、仮定法なんて軽々と理解してしまう。 でもこれは、別にこの子たちが特別に優秀だからなのではなく、 仮定法…

【不安や心配のはけ口】そのために、私がいます!

今週は保護者面談ウィークだ。 多い日は、一日に5人の保護者様と面談をする。 春日部アカデミーでは、年に3回の定例保護者面談を行う。 2月と6月と10月。 分かる人には分かると思うけど、 それぞれ、春期講習(と次年度)、夏期講習、冬期講習の説明と…

【過度の期待は禁物】早期英語を無駄にしないために

日本全体にモヤモヤと漂っている英語熱がそうさせてるのか、 幼少期からの英語スクールって本当に多い。 将来英語で苦労しないように、英語が好きで得意になるようにっていう親の気持ちからか、 早い子なんかは小学校に入る前からそういうところに通ってる。…

【既習内容とリンクさせる】中1・canの導入授業

今日の中1ステラは、SunshineのProgram 3に出てくる「can」の導入授業。 内容的にはきわめてライト級なので、あっさり終了。 当然、つまずく子もいない。 うん、よしよし。 ただ、ここで重要なのは、既習内容の関連を意識させること。 具体的には、否定文と…

【「サボること」が異分子になる】環境に身を置く

日本人は特にそうなのかもしれないが、 多くの人は、周りと違ったことをやる、つまり異分子になることを嫌がる傾向が強い。 周りと同じであるいうことが安心感につながるんだろうね。 だからこそ、自分が日々どういう環境に身を置いているかは、とても重要な…

【ほんの少しだけでいい】「行動を変える」ということ

「行動を変えれば結果が変わる」とか、たまに聞くけど、 一度にあまり大きく変えない方がいい。 大きく変えようとすると、どこかで無理が生じる。 多少の負荷なら、それを乗り越えようとすることによって力を付けることができるけど、 大きすぎると逆に自分…

【ただ勉強ができるだけ?】じゃないよね、「頭の良さ」って

ずっと思ってることなんだけど、 どうも、世間一般には間違った考えが定着してるような気がしてならない。 学校の成績が良い = 頭が良い テストの点が高い = 頭が良い 偏差値が高い学校に合格した = 頭が良い これ、全部間違ってると思う。 テストの点が…

【見た方向に進んでいくよ】下を見るな、上を見ろ!

成績が良くなかった子が、たまにいう言葉。 『でもまだ、自分よりも下がいるから。』 ふーん、だから何? って感じだ。 気持ちは分かるよ。 そうやって、少しでも自分にとっての安心材料を見つけて、自分の心を落ち着かせる。 きっとそういう発想だよね。 で…

【AIの功罪】ヘタに使うと「勉強嫌い」になる

今はスマホの機能が本当に発達してて、特に翻訳機能なんかは、もうすっかり当たり前だ。 でも、これ、使い方を間違えると、 知識が身につかないどころか、逆に「勉強嫌い」になってしまうから注意が必要だ。 日常生活においては、たしかに翻訳は便利な機能だ…

【「面倒くさい」と思うなら】むしろ「真剣に」取り組みな

「勉強、面倒くさいな~。」とか、「今日は、やりたくないな~。」って思いながら勉強してる人。 うん、分かるよ。その気持ち。 でも、どうせやるなら、ちょっと気持ちを切り替えて、 前向きな気持ちでやってみよう。 真剣に取り組んでみよう。 そうすると、…

【キモはライティングだ】今日は英検の日

今年度第1回目の英検が行われた。 春日部アカデミーは英検の準会場になってるから、その日のうちに問題を見ることができる。 ただし、2級以下ね。準1級と1級の問題は、明日HPで見てみよう。 今回は3級以上がリニューアル後初の問題だ。 ライティング…

【全てのネジを緩める】たまには休養も大事だ

部活の練習の後にヘトヘトになりながら塾に来た高校生。 でも、ちゃんと現代文の授業動画を見ていったよ。 本当に素晴らしいことだ。 体がキツくても「今度でいいや」にしない強さ。 強さというより「意地」に近いかな。 けれど、本当にヘトヘトな時は、時に…

【まだ見ぬ景色がそこにある】毎日努力をし続けるということ

いつも思うんだけど、 毎日努力をし続けることって、登山と似てると思うんだ。 自分は行ったことないけど、富士山の登山とかね。 それは勉強だけに限らず、何でもそうだと思う。 毎日ひたすら、険しい山道を登り続ける。 たまに平坦な道もあるし、その途中途…

【SVCとSVOO】余計な内容は完全無視だ

中2のステラでは、今日からSunshineのProgram 5に入った。 中2の内容も折り返し地点を過ぎた。 このProgram 5の新出内容は、「SVC文型」と「SVOO文型」と「疑問詞+to不定詞」が3つ。 何なんだ、この寄せ集め的な作りは! とも思うんだけど、 そう…

【そこまでやる?】塾が金の亡者になっちゃダメでしょ

仕事柄、色々な塾の話を耳にするんだけど、 時に、「え?本当に?」と驚くこともある。 最近驚いたのは、成績がずっと伸び悩んでるが思い通りのサポートをしてもらえない、とのことで退塾を申し出たところ、 先に年間分を支払ってた施設費的なものは返金でき…

【教え過ぎない】それが真の達成感につながる

昨日やった小学生の子の算数の授業。 内容は、「小数のわり算の答えを概数で求める」というもの。 一通りやり方を説明し、類題も一緒に解き、いざ問題へ。 ・・・ うーむ、ちょっと時間がかかってるな。 うーむ。。。でも、小数のわり算自体は合ってるな。さ…

【問題を解いてる時に】手が止まってしまう子

授業中、たまにいるよね、 問題を解いてる時に手が止まってしまう子。 理由は様々だと思うんだけど、 まず、集中力が切れてしまってる子は対応が簡単だ。 「集中せい!」ってひと声かければよい。 それでも直らなったら、 声をかけ続けるか、顔を洗いに行か…

【点数より重要な情報】テスト答案のフィードバック

高校生の中間テストが続々と返されてきている。 返された答案用紙は、問題用紙とセットで必ず持ってきてもらってる。 その答案用紙を見て、今後の学習に向けてのアドバイス(春日部アカデミーでは「フィードバック」と呼んでいる)をするためだ。 そのアドバ…