塾長ブログ

【効率の良い勉強?】「効率」よりも大切なものがある

いつ頃からだろう、 世の中がここまで効率性を重視するようになったのは。 何でも「効率」を求めるのは、やめた方がいいと思うんです。 ビジネスの世界においては必要なことなのかもしれないけど、 少なくとも勉強に関しては。 たとえば、 最初から「効率」…

【集中力がない君へ】集中力をつける現実的な方法

集中力がない。集中力が続かない。 こう思ってる人、きっと少なくないよね。 集中力というのは、 他のことは一切考えず、目の前のことだけに没頭できる力のこと。 だから、自分が興味や関心があることなら自然と集中力が発揮できる。 自分には集中力がないと…

【心を映す鏡】字は『丁寧に』書かなきゃダメ

字の丁寧さと成績の伸び。 この2つには強い相関関係がある。 ノートを見てると、 その子が順調に成績を伸ばしていけるかどうかが、 だいたい分かる。 誰もがおそらく、まだ幼い子供の時から 「字は丁寧に」と言われ続けてきたと思う。 だから、字を丁寧に書…

【続・両立問題】パーフェクトスコアの通知表

先日の「部活と勉強の両立問題」のブログで紹介した、 ハンドボール部のA。 この子の3学期の通知表を見せてもらった。 9教科全て、オール「5」。 さらに、観点別学習状況も、全て「A」。 まさに、パーフェクトスコア。 紛れもない、満点評価。 これは、…

【春アカの新高1生たち】高校デビュー

3月もそろそろ終わりを迎える。 高校の入学式まで、あと1週間あまりだ。 この1ヵ月間、 春アカの新高1生たちは勉強の手を休めていない。 それぞれ中身は違うけど、 高校での学習に向けて順調に驀進中である。 でもね、忘れてはいけないよ。 あなたと同学…

【変わってるのは子供じゃなくて】最近の子供たちを見てて思うこと

最近の子供は変わってきてるとか、 Z世代の子供たちとか、 そんな話を最近はよく耳にする。 たしかに、日々の生活環境が昔とは全然違うから、 その影響はあるのかもしれない。 SNSとやらが世の中に蔓延りだしてからは、特にね。 だがしかし、 この業界に…

【コスパの良い暗記法】暗記は体全体を使って

以前にも似たようなことをブログに書いたけど、 声に出して読みながらの英単語暗記。 これは絶対にやってほしい。 というか、やるべき。 だから、計単Do-JOでは英単語暗記の際に 必ず声に出して読ませながら暗記をさせている。 英単語を覚えるときに、 いや…

【自学力の大事な要素】丸付けをテキトーにやるな

自分で出した答えが合ってるか間違ってるか、 それを正確に見極めることが出来ないと、 自学力は身につかない。 従って、学力が身につかないから、成績も上がらない。 時間をかけても何も身にならないから、勉強が面白くなくなる。 興味や関心も無くなる。 …

【知識の定着だけではない】宿題は、なぜ必要?

宿題は、なぜやらなくてはいけないのか? こう聞くと、ほとんどの人が、 「知識を定着させるため」 「ちゃんと復習をしないといけないから」 こう答えるかもしれないね。 実際、春アカの中学生たちも、 先日の授業で質問したら異口同音にこう答えてた。 たし…

【こんな感じの雰囲気です】オレコのレッスン風景

先日、オレコ(オンライン英会話)のレッスン風景の撮影会があったので、 そこでの写真をいくつかお披露目します。 何やら、宣材写真に使いたいとのことで、 あちらの担当者の方がわざわざ撮影しに来てくれました。 では、早速どうぞ! オレコのレッスンは、…

【春アカ生の実例】部活と勉強の両立問題

さっきのブログで書いた、部活と勉強の両立問題。 春アカに今通ってる中学生で、典型的にちゃんとやれてるのは、 陸上部のMと、ハンドボール部のA。 どちらも決して、「めちゃくちゃ勉強ができるタイプ」ではない。 どこにでもいるような、ごく一般的な中…

【やれる子とやれない子の差は?】部活と勉強の両立問題

多くの中学生や高校生がぶつかるであろう、部活と勉強の両立問題。 本人よりも保護者の方が気を揉むかもしれないね。 実際、両立がちゃんと出来てる子と、全く出来ていない子がいる。 その差は歴然。 では、いったい何が違うのかというと、「覚悟」。 本当に…

【新中2・新中1生、必見!】埼玉県公立入試が変わります!

4月から中2、そして中1になる子たちは、 県立高校の選抜方法が変わるので注意です。 具体的にどう変わるのか。 まずは、今の中2から。 今の中2が受ける入試は、変更点はほとんど無く、 たった一つ、 部活動の取り扱い方が変わります。 今まで部活動は、…

【能力は無関係】成績が上がる子の特徴

成績を上げている子を見ていると、だいたい以下のような共通点があることに気付く。 1.目を見て人の話を聞ける 目を見て聞いてるということは、相手の話に集中してるということ。 ちゃんと理解しようとして聞いているということ。 2.適当な返事をしない …

【アドバイスをするよ】「自分に合った勉強法が分からない」という君へ

「勉強のやり方が分からない」 「自分に合った勉強法が見つけられない」 そんな風に思っている人、いるよね。 きっとあなたにとっては、それはとても大きな問題で、 「だから勉強に身が入らない。やる気が起きない。」って、 思ってることでしょう。 うん、…

【経営者失格?】個人塾の存在意義とは?

春日部アカデミーは、小さな塾です。 教室も一つしかない。 それはもう、塾業界全体から見たら、 風が吹いたらどこかに飛ばされてしまいそうなくらい、小さい。 でもね、それでも別にかまわない。 そんなことは、どうでもいい。 塾を大きくしようということ…

【自分の能力を見くびるな】苦手教科がある君へ

まず最初に言っておくよ。 苦手教科は、必ず克服できます。 もちろん、簡単なことではないし、そこには必ず苦労が伴う。 きっと逃げ出したくなるほどの苦労。 「試練」と言ってもいい。 具体的に何をすればいいかって? それは、いたって簡単。 ただひたすら…

【大事なのは、さてどっち?】「褒める」と「叱る」

最近、ネットやYouTubeを見てると、 塾の広告がやたら出てきます。 ま、どこも大手さんばかりで、 こんなところにお金と時間をかける余裕があるんだなぁ、なんて 冷めた目でスルーして終わりですが(笑) だって、どこも塾として当たり前のことを、さぞまこ…

【返却後にどう向き合うか】テストの返却後に絶対にやるべきこと

3月3日に行われた中2対象の北辰テストの結果が返ってきました。 みんなの家にも返ってきてるよね? ただ残念なことに、 塾に来るのは点数と偏差値、そして志望校判定と問題ごとの簡単な正誤表しか載ってない。 正直、その数字自体にはほとんど興味がないの…

【正しくできてる?】勉強の質を左右する「丸付けの重要性」

勉強する時、丸付けは問題を解くこと以上に重要な意味を持つ。 自分が出した答えが正しいものかどうか、自分の目で確かめる。 まさに、自学の基本。 だからここは、テキトーに手を抜いてやっては、絶対にいけない。 間違えているのに丸にしてしまう、などと…

【理解のキモ】音読最強説~その3・番外編~

前回と前々回の2回にわたり 音読の効果について書いてきました。 春日部アカデミーでは音読を最重要視していますが、 その一環として、中学生は「計単Do-JO」の時間の一部を使って、 教科書の音読指導をしています。 音読をやらせると、 その子が英文の内容…

【脳が活性化する】音読最強説~その2・他教科編~

昨日のブログで、英語学習の際の音読効果について書きました。 でも、これ、 実は英語に限ったことではありません。 全ての教科において、音読は実に効果が高い。 文字をただ目で追っているだけだと、 自分でも気付かないうちに、情報が脳内をただ素通りする…

【効き目は抜群】音読最強説~その1・英語編~

英語学習のとき、皆さんは声に出して読んでますか? そもそも英語は日本語とは全く違う言葉。 まずもって、使ってる文字が違うからね。 アルファベットの羅列で出来てる英単語。 それを見て読み方が分からなければ、 その先には決して進めない。 だから、読…

【はき違えないで!】結果よりも大切なもの

ここに4つのパターンがあります。 1.一生懸命努力をして、望みをかなえた。 2.たいした努力をせずに、望みをかなえた。 3.一生懸命努力をしたが、望みをかなえられなかった。 4.たいした努力をせずに、望みもかなわなかった。 この中で一番うれしい…

【極めて重要な授業】体験授業を行う理由

この時期は特に、「体験授業」を行うことが多い。 昨日も2つ行った。 春日部アカデミーでは、体験授業のことを 「塾体験」と呼んでます。 授業だけではなく、塾全体の雰囲気も一緒に体験してほしい、 という思いの表れです。 と同時に、こちらにとっても、 …

【理解と習得】どちらも必要不可欠だということをしっかりと理解してほしい

授業がよく分かる。授業が分かりやすい。 これは私たち塾講師にとって、極めて当たり前のこと。 授業が分かりづらいなんて、塾講師を名乗る資格は無い。 だから、講師たちにはそういう授業が出来るようになるまではしっかりと研修をするし、 自分も日々、ど…

【勉強を楽にする】「専門用語」との正しい付き合い方

勉強を進めていくと嫌でも遭遇する「専門用語」。 難しくていやだな、という印象を持っている人も、きっと多いでしょう。 うん、わかる。日常生活では使わない言葉だもんね。 自分には馴染みの無い言葉だから、 どうしても「難しい」というイメージが先行し…

【高校英語クラス】「コスモ」について紹介するよ

昨日のブログで、高校生の英語クラス「コスモ」について軽く触れたので、 今日はもう少し詳しく紹介します。 コスモは「クラス」と言っても、形式は「1対多の個別指導」。 最大7名の生徒を、私が一人で、個別形式で見ていきます。 だから、めっちゃ疲れる…

【小6英語】「語順」の指導

小6の英語クラスは、 今日から「一般動詞の文」に入りました。 ここで、「語順がいかに大事か」をしっかりと知り、 正しく身につけてもらいます。 be動詞の文で語順の話をしても、 あまりピンと来ないからね。 だから今日もホワイトボードにデカデカと、 「…

【高1スタート】高校英文法の最初の一歩

今日は高1コースの授業のスタート。 高1と言っても、まだ実際には中3だけど。 卒業式も終わってないし。 でもね、春アカでは君たちは既に「高校1年生」です。 今日はまず、コスモの英語。 コスモって何?って、知らない人は思うよね。 コスモとは、「高…