【方法はある】「勉強が楽しい」って思えるために

 

勉強が楽しいと思えるきっかけとして、授業の力はとても大きい。

 

だから自分たちも日々、少しでも楽しいと思ってもらえるような授業を心がけている。

 

教える内容や教え方は当然のことで、

それに加えて、目の前にいる生徒は生身の人間だから、

コミュニケーションもしっかりと取って、

説明のしかたを微妙に変えたりもしている。

 

 

塾にとって授業は、生徒たちに「勉強が楽しい」と思ってもらえるための

重要な第一歩だからね。

 

 

でも、自分たちにできるのは、

 

この「最初の一歩」、もしくは多く見積もっても、そこから2~3歩のところまでを提供し続けること

 

だけだ。

 

 

なぜなら生徒にとって、その楽しさは「人から与えてもらった楽しさ」だから。

 

 

人から与えてもらった楽しさは、長続きしない。

最初の、感動にも似た感情も、時間が経つにつれて薄れていってしまう。

 

そこから先の楽しさは、

自分で見つけ、自分の手でつかんでいくものだ。

 

 

そして、そのためには、

 

毎日少しずつ勉強を積み重ねていくことが何よりも大切なこと。

 

その中で、「わかった!」「できた!」という喜びや感動を、自分でもぎ取っていくんだ。

 

 

もちろん、わかってるよ。

最初からそんなこと、うまく出来るわけがない、って。

 

だから、「基礎基本」を徹底的に固めていくんだよ。

 

いきなり難しい問題に飛びついたって、

難しくて、出来なくて、心が折れておしまい。

「勉強ってやっぱり難しい」ってなるから、それはやらない方がいい。

 

最初は、基礎的な問題から始め、それを何度も繰り返して練習して、頭と体に馴染ませる。

 

そうするとね、出来る問題がちゃんと増えていく。

 

そして、新しいことを学んでも、

「ああ、あれがこう変わるだけね」とか、「ここはあれと全く一緒だね」ということを

自分で発見することができるし、

難しめの問題が仮に解けなかったとしても、

解説を読んで「ああ、なるほど、そういうことか」って、

他の人の力を借りずに、自分の力だけで理解できるようになる。

 

 

そうなってくると、勉強はきっと楽しくなってくる。

 

あなたの中に元々ある「好奇心」が刺激されていく。

 

 

こうやって、勉強の本当の楽しさは、自分で手に入れていくものなんだ。