【完全テスト対策モード】高校生の定期テストには、こう立ち向かう!

 

今週から、高校生の授業は「完全テスト対策モード」に入ってる。

 

通常期のカリキュラムを一時停止し、期末テストに向けて自分が必要と思った勉強をする。

 

教科は自由で、いつもの受講教科とは異なる教科でもOK。

 

もちろん、通常期のカリキュラムをそのまま進めていくのもOK。

 

そのあたりは、全て自己責任で自分で考えさせる。

 

 

というものだ。

 

 

これを、各自の期末テストが終わるまで続けていく。

 

 

 

高校生の学習は、人から与えられたものをやる、というスタンスではなく、

 

自分で「何が必要か」を考えて、それを地道に続けていくことが大事。

 

 

だから、「塾に来ても何から何まで全てを教えてもらおうとは思わないでね」と、

 

彼らにもいつも言ってる。

 

 

そうじゃないと、塾の授業がいくらあっても足りないし、

 

最も大事な「自学力」も、かえって潰してしまうことになる。

 

 

 

そのうえで、自分たちはその計画が妥当なものかを判断したり、

 

「もっとこうした方がいいんじゃない」とか「この教材がおすすめだよ」というアドバイスをする。

 

 

こう言うと、なんだかとても楽をしてるように思われるかもしれないけど、

 

決してそんなことはなく、

 

むしろ勉強を教える方が楽なくらいだ。

 

 

彼らが立てた計画の妥当性を、その都度判断しなくてはいけないし、

 

思い通りにいかなかったときの第2案、第3案を考えてそれを提示するのは、

 

とても神経を使うこと。

 

 

けど、それが塾としての重要な役割だし、

 

やりがいもものすごくある。

 

 

 

実際、基礎がしっかりと固まってる生徒には、

 

こちらから「教える」ということはあまり重要ではない。

 

今は教材も(動画教材も含めて)完成度が高いものが多いので、

 

基礎がしっかりと固まってる子は、それらを使って自分のペースでどんどん進めていけるんだ。

 

そして、実際そういう状態にならないと、学力も身につかないし成績も上がらない。

 

 

自分たちの役割は、それをより良い形で進めさせ、

 

より高い成果が出せるようにするための手助け、といったところだ。

 

教科の「知識」を教えることも、その一環に過ぎない。

 

 

 

そして、高校生になった時にこの状態なるように、

 

小中学生のうちからしっかりと鍛え上げていく。

 

 

これもまた、自分たちにとっての大きな役割だ。

 

 

 

ちなみに、このテスト対策モード期間中は、教科を問わず色々な質問が飛び出す。

 

今週末にはまた「テスト対策勉強会」もあるから、そこでもたくさん出てくるだろう。

 

中には専門外の教科の質問もあるので、講師の力を借りることもあるし、少し時間をもらうこともある。

 

 

けれど、これを機会に自分も色々な教科の勉強をさせてもらえてるので、

 

そういう意味では感謝だ♪

 

 

彼らと一緒に、自分も賢くなるぞ!(笑)