【ほんの少しだけでいい】「行動を変える」ということ

 

「行動を変えれば結果が変わる」とか、たまに聞くけど、

 

一度にあまり大きく変えない方がいい。

 

大きく変えようとすると、どこかで無理が生じる。

 

 

多少の負荷なら、それを乗り越えようとすることによって力を付けることができるけど、

 

大きすぎると逆に自分を押しつぶしてしまう。

 

そうなってしまったら元も子もない。

 

 

だから変えるのは、特に最初は、ほんの小さなことで良いんだ。

 

 

たとえば、

 

英単語を毎日必ず20個覚えるとか、

 

英語の長文問題を毎日必ず1つ解くとか、

 

数学の問題集を毎日必ず2ページ解くとか。

 

 

これはほんの一例だけど、

 

これだったらあまり大きな負荷ではない。

 

 

何よりも大事なのは、

 

上の3つの例を見て気付いた人もいると思うけど、

 

「毎日必ずやり続ける」ことだ。

 

どんなことがあっても、毎日必ず、一日も欠かさずにやり続けること。

 

それを自分に課し、実行する。

 

その積み重ねは、続けていけばいくほど大きなものになっていくよ。

 

宇宙に向けて発する信号だって、

角度がたった1度違うだけで全く違う、遠くかけ離れた場所に届くでしょ?

 

だから、変えるのはほんの1度程度で十分。

 

それを長く長~く続けていくことだ。

 

 

やり続けていくうちに、「もっとこうした方がいいかな?」と思えばそれをやってみればいいし、

 

慣れてきたら量も増やしていくといい。

 

 

でも、最初から多くのことをやろうとしないこと。

 

最初は勢いよく飛び出せても、しばらく経つと失速する。

 

そしてやがて、何もしなくなり元に戻る。

 

そんなこと繰り返してたら、結局何も変わらないからね。