【不安を感じた時に読んでほしい】勉強のスランプ脱出法

 

勉強でもなんでもそうだけど、

 

何か目標に向かって頑張っている時、

 

スランプは付き物だ。

 

どんなに一流のトップアスリートだって、

 

スランプを経験したことが無い人はいないだろう。

 

 

逆に言うと、

 

スランプは、それだけ一生懸命真剣に取り組んでいる、ということの証だ。

 

 

 

ネットで「スランプ脱出法」などで検索すると、

 

実に多くの意見や考え方が出てくる。

 

 

それだけ、「正解が無い命題」ということなのだろうけど、

 

自分がおすすめする、「勉強のスランプからの脱出法」は、こんな感じだ。

 

 

 

まずは、

 

問題で間違えたら、その事実だけを見るようにすること。

 

自分がミスをしたという事実、

 

そして、正解と比べてどこがどう違うのか、だけを見るようにする。

 

その時、少しでも腑に落ちない部分があったら、先生とか頼れる人に質問をして解決する。

 

大事なのは、

 

「自分の答えが正解と異なっていた」という事実だけを見るようにして、

 

こんな簡単なミスをしてしまったのか、とか、

 

全然出来てないじゃん、というような

 

余計な感情はできるだけ排除するように心がけることだ。

 

 

あとは、正しい手順でその問題の解き直しをして、

 

「自力で解ける」状態にアップデートしておくこと。

 

 

 

もう一つは、こっちの方が重要かもしれないけど、

 

スランプであることを忘れるくらいに勉強に没頭することだ。

 

とにかく、目の前にある問題にだけ集中する。

 

分からない問題にぶち当たったら、頼れる人に頼ればいい。

 

別に、今できる必要は無い。

 

もっと重要な時にちゃんと出来るようになっていれば、それで全く問題なし。

 

その時のために、とにかくひたすら目の前の問題だけに集中する。

 

 

 

もちろんね、「言うは易く行うは難し」なのは分かってる。

 

 

でも、ちょっと厳しめで突き放した感じの言い方をすると、

 

スランプは自分の力でしか乗り越えられない。

 

いくら周りが頑張っても、自分の力で動かない限り、周りは無力だ。

 

 

それに、諦めなければ誰にだってスランプは乗り越えることができる。

 

 

そして、乗り越えたその先には、

 

スランプ前よりもパワーアップ、バージョンアップしている自分がいる。

 

 

そういう意味では、スランプは成長のためのチャンスだね。

 

自分だけで悩む必要は無いけれど、

 

その試練はきっと、乗り越える価値が十分にあるものだと思うよ。