【ドラマから学ぶ】迷ったときの選択(from ブルーモーメント)

 

ドラマから学ぶことは多いと以前のブログにも書いたが、

 

昨日見たドラマにも心の突き刺さる名言があった。

 

 

フジテレビの「ブルーモーメント」。

 

この中で、舘ひろし演じる園部大臣が言った言葉。

 

 

迷ったときには困難な道を選ぶ。

 

 

 

この言葉、深いよね。

 

 

 

誰だって苦労はしたくない。楽をしたい。

 

けれど、迷ったときに自ら進んで楽な道を選択するのは、

 

ともすると「逃げ」になる。

 

そして、いつもそういう道ばかりを選んでいると、

 

いつのまにか「逃げ癖」がついてしまう。

 

そんな人生なんて、きっと楽しくもなんともないよね。

 

 

 

だから、あえて自ら困難な道を選び、

 

そこでたくさん揉まれながら苦労をたくさんして、

 

失敗もして嫌な思いやツラい思いもいっぱいしながら、

 

それを乗り越えていくことで「生きる力」を身につけていく。

 

その方がきっと、人生100倍楽しいんじゃないかな。

 

楽な方に逃げてばかりだと、結局何も得ることができないからね。

 

 

 

もちろん、困難な道を選んだところで、その先何が待ち受けてるかなんて誰にも分らないし、

 

うまく乗り越えられる保証もどこにもない。

 

でも、そこでもがきながら前に進んでいくことで、

 

きっと「自分にとって大事な何か」を手に入れることが出来るんじゃないかと思う。

 

 

 

これは勉強にも同じことが言えるよね。

 

楽な道に逃げてばかりでは、何も得ることが出来ない。

 

勉強は短期間でどうにかなるものではないからね。

 

けど逆に、時間をかければ誰でも等しく力を付けることができる。

 

困難な道を選んだリターンは確実に手に入れられるということだ。

 

 

 

どっちの道を選ぶかは人それぞれ自由だけど、

 

目先の「楽さ」を優先して、楽な道を進むか、

 

困難の先にある「自分にとって大事な何か」を得るために、あえて困難な道を進むか。

 

 

自分は迷わず後者を選びたいと思う。

 

きっとその方が、結果的に人生を楽しめるはずだ。