【間違ったプライドは今すぐ捨てろ!】それは君にとって有害だから

 

プライド。

 

日本語にすると、さしずめ「誇り」や「自尊心」といったところだろうか。

 

 

誰もが持っているものだろうし、

 

真っ当な人生を歩んでいくためには必要なものだと思う。

 

 

 

しかし、時にこの「プライド」が自分の成長を妨げてしまうこともある。

 

 

「プライドが邪魔をして」なんていう話もたまに聞くけど、

 

「自分は出来る」、「自分は大丈夫」という気持ちが、

 

自分に対しての過信、過大評価につながり、

 

本当はそうではない自分を素直に受け入れられなくなる。

 

 

受け入れたくない、認めたくないという気持ちから、

 

出来ていないことを、人のせいや環境のせいにする。

 

 

そうなってしまうと、もうそれ以上は伸びないよ。

 

もしかしたら、逆に退化してしまうかもしれない。

 

だって、人の成長って、ある意味、

 

「自分はまだ出来てない。自分は不完全。」っていうのを認めるところから始まるからね。

 

 

 

こうなると、そのプライドは「間違ったプライド」ということになる。

 

そんなものは、自分にとって邪魔になるだけだから、

 

とっとと捨ててしまった方がいい。

 

 

 

別に、出来ないことは悪いことじゃないよ。

 

これから真剣に努力すればいいし、だいたいのことはそれでちゃんと出来るようになる。

 

ただ、きっとめちゃくちゃ大変だし苦労もめちゃくちゃするけどね。

 

でも、あきらめずに続けていけば、必ず出来るようになる。

 

 

 

むしろ、変な間違ったプライドに囚われて、現実を受け入れずに努力もしない状態を続けている方が、

 

よっぽど良くないことだ。

 

 

 

昔、実際にその変なプライドに囚われて、大小多くの失敗をしてきたこの福地が言ってるんだから、

 

間違いないよ。