【春アカルール】答えの直接書き込みは禁止!

 

春日部アカデミーでは、一部の例外を除き、

 

テキストや問題集への答えの書き込みは一切禁止である。

 

もちろん、プリント教材でも同じこと。

 

 

解答に至るまでの色々なメモ、たとえば途中計算とか、そういうのはバンバン書き込んでいいけど、

 

最後の答えはノートに書く。そして、ノートに丸付けをする。

 

問題には、間違えた問題の問題番号に赤で×を付ける。

 

 

これは、開校以来10年以上ずっと徹底してきているルールだ。

 

 

 

なぜこのようなルールにしているかというと、

 

×問題の解き直しの時にとてもやりづらくなるから。

 

考えたらすぐにわかると思うけど、

 

 

問題を解くときにそこに答えが最初から書いてあったら、

 

やりづらい、というか、解けないよね。

 

だって、そこにもう正解が書いてあるんだから。

 

正解を前にして、「さあ解くぞ!」とは、ならんでしょ。

 

 

かと言って、そのページをあらかじめ何枚もコピーしておいて、

 

そこに答えを直接書き込む、っていうのも、

 

紙がもったいないし、紙の量が無駄に増えて管理がしづらくなる。

 

 

だから、答えはノートに書く。そして、ノートに丸付けをする。

 

 

 

でもね、このルール、まだ入塾したての子なんかには浸透させるのが難しい。

 

事情は分かる。

 

学校がそれと真逆のやり方でやらせてるんだよね。

 

副教材のワーク。それを、ワークに直接答えを書き込ませて提出させる。

 

 

気持ちは分かる。何十人もの生徒が全員ノートで提出してきたら、チェックするのも一苦労だ。

 

 

だけど、せめて、

 

「1周目はノートにやって、2周目は直接書き込む」みたいなルールにしてくれないかな。

 

その方が間違いなく勉強の成果が出るのにね。

 

それって勉強の楽しさにも直結するものだから、

 

絶対にそのやり方を徹底させた方がいいと思うんだ。